Goodbye Sunday

~人生に野遊びを~
MENU

また来月から、実家暮らしになります

社会人  に対する画像結果

 

今月、僕はひとり暮らしに関するエントリーを書きました。

 

www.goodbye-sunday.com

 

実は、この1年半暮らした家から実家に戻ることになったからです。
今週いっぱいで僕は港区から出ていきます。お疲れっした。
 
 
家庭の事情なので、仕方がないといえばそうなのですが、一度一人暮らしに慣れてしまった人間が実家に戻るということはそれなりに大変なことで、非常に悩みました。
 
 
社会人とはいえ、実家に戻れば当然自由度は下がりますし、親や兄弟からの苦言も増え、休日の過ごし方も多少変わってくるでしょう。都会からのアクセスも悪くなるので、フットワークも重くなることでしょう。ビジネスマンとしても”実家暮らし”はなかなかイケてないですよね。
 
 
普通に考えれば、今更実家に戻ることは、僕の人生にとってマイナスなことです。
 
 
 
 
それでも、色んなマイナス面を考慮して、僕は実家に戻る決断をしました。
 
 
 
 
 
ただ楽しいだけの毎日はもう終わりにして、先をみて人生を組み立てるための判断です。
 
 
なにがそんなに大きく変わるのかというところですが、僕の場合はお金かなと思っています。しょうもないかもしれませんが、僕が今後人生で成し遂げたいこと(今度ブログで書いてみます)を考えたときに、今お金を貯めておくことは非常に重要なことだとわかりました。気付くのおせーよばかたれというのが素直な感想ですが、本当に大事なことだと思うようになりました。
 
 
 
当時は、お金がないならその分稼いで人生回してやるぐらいのマインドでいましたが、サラリーマンはやっぱりサラリーマンで、地道に歩を進めていいく以外に稼ぐ方法はなく、限られたお金をやりくりし、その中で自分の優先度が高いことに給料を投資していくしかないんです。
 
 
今のままでも、毎日をただ楽しむことはできますが、稼いだお金を飲み代と生活費にだけ消えていくシーズンをもう終わりにするのです。なにかを掴みにいくときは、やっぱりどこかで我慢や自制心が必要になってきます。一体なにを掴みにいくんだ問題はおいといて、僕は我慢することにしました。
 
 
僕はもう24歳です。社会的にはまだまだひよっこかと思いますが、思ったより簡単に年はとれて、思ったより早く人生は終わるんだろうなと最近感じています。
 
1人暮らしか実家暮らしか。
 
ぶっちゃけそこまで人生を左右することでもないかもしれませんが、
この判断が、僕の人生で重要だったと言えるよう一生懸命生きていくだけです。
 
おわり

グッチ裕三を擁護してみる。ステマってどうしていけないんですか?

挑発的 素材 に対する画像結果

 

 
昔から思ってたんですが、
なんでもかんでもステマステマステマステマうるさくないっすか?
 
 
番組や著名人のあら探しをして、ちょっとしたことをすぐにオオゴトにして、メディアは視聴者に一生びくびくしながら、今日も明日もコンテンツを作り続けていくんでしょうか。
 
影響力のあるメディアが、その放映枠を商売の一つにするのは、この商業主義社会である種自然の行為ではないでしょうか。
その内容が、コンテンツとして面白くない場合は、視聴者は自然と離れていきますし、メディア側はそのリスクを背負ってバランス感を見ながら、お金稼ぎをしていけばいいんじゃないでしょうか。
 
そこに金銭のやりとりがあろうがなかろうが、面白いもんは面白いし、つまんないもんはつまんないです。
 
 
詐欺に値するような商品やサービスを流布すること自体は僕も間違っているとは思います。
 
例えば、「”がんが治る”と謳っている水」など、その効能自体が怪しい商品を”いいモノ”として取り上げる行為は僕も間違っていることは認識しています。
 
 
ただ、今言われている”そういったもの以外の”ステマ”に関してはある程度の許容があってもいいんじゃないでしょうか。別に僕はステマを肯定しているわけではないですが、最終的な判断は全て消費者に委ねられるから、本当にどうでもいいだろって思ってるんです。
 
携帯ショップにいけば、auauのいいところを、ソフトバンクソフトバンクのいいところを営業してきますよね。それとそんなに変わらないと思うんです。
消費者は、それぞれの良い悪いを自分の中で吟味して、最終的にお気に入りの商品を購入するからです。
その営業担当のトークが劇的につまらなかったら、シンプルに無視をしますよね。
 
大前提、メディアには中立性が求められるので、一概に同じと言ってしまうのは、たしかに危険なことかもしれません。
 

ただ、そういったものを全て排除した世の中の方が僕は気持ち悪いと思います。

これはステマで、これはステマじゃない。その明確な線引はなんでしょうか。
 
テレビ番組にはスポンサーと呼ばれるメーカー各社が裏についてます。

その関係値のせいで、本来めちゃくちゃいい競合他社の製品が取り上げられ損ねられてることだってあると思うんです。これもある意味ステマじゃないでしょうか。

これはステマで、これはステマじゃない。明確な線引を教えて欲しいです。
 
正しい理解がないまま、ステマ=悪と考えるのは違うと思います。
すぐに叩かれる。なにも仕掛られない。全然健康的じゃないと思います。
 
企業は、消費者の商品購買にいたるよう、あらゆる導線を作ります。
メディアに取り上げられるというのは、その戦略の一つです。
 
今回のグッチ裕三さんの件に関しても、
僕は誰も悪くないんじゃないかって思ってます。
 
グルメ王という立場を長年かけて築いたグッチ裕三が、
自身への取材タイミングを通じて、関わっている店を紹介した。
とても自然な行為だと思います。
そして番組側はグッチ裕三さんが、オーナーだという事実を知らなかった。
そして今回に関しては、おそらく金銭のやりとりは発生していないですよね。
 
 
皆が認めたグルメ王が、
番組のなかで、少し広告的に、”実は自分の店”を紹介しただけです。
 
一番重要なのはその店がうまいかまずいかで、きっとうまいですよね。
 
 
だから、そんなに過剰に反応しなくてもいいんじゃないでしょか。
 
 
おわり

借金のある僕がそれでも課金して使いたい月額サービス6選

f:id:paooooon1:20170713013828j:image 

こんばんは。

24歳、サラリーマン、太っちょ。三拍子揃っている僕ですが、一人暮らしをする際50万ほど借金をしました。その他クレジットカードの100万円の枠を自分の無限バンクと判断し、限度額ギリギリまで使い倒してしまいました照 得意なことはリボ払いです。

 

毎月返済で五万円ほど飛んでいくので、家賃・光熱費を除くと自由に使える金は雀のナミダ程度です。僕はあいにく陽気な性格のため、この事実に気づいたのは最近のことです。

 

そしてそんな深刻な事実を目の前にしながら、それでもいいと思うものには陽気に金銭を投下し続けています。

 

今日はそんな僕がオススメしたい、グッドな課金アプリ・サービスを紹介します。

 

圧倒的No.1アプリ Amazon Prime

 f:id:paooooon1:20170713013946j:image

これはもう基本中の基本です。このスピーディな社会で利便性を追い求めていくのであれば、マストで会員になっておきたいサービスです。

AmazonPrime会員になっておくと、発注から1時間程度で自宅に商品が届くサービス"prime now"ほか、映画や音楽を手軽に楽しめる"Amazon music"、"Amazon Videoなどのコンテンツを楽しむことができます。これがなんと年間で3500円程度、月額にすると300円程度で会員になることできるのです。逆に入らない理由がありません。

常に新しい価値を世の中に提供しようとしている会社なので、サービスの進化も楽しみです。

 

より幅広く音楽を聴くため、Google  play music

f:id:paooooon1:20170713013902j:image

前述の通り、ぼくはAmazon prime会員でもあるので、聴きたい音楽は大抵Amazon musicで聴くことができるのですが、もちろん全てを網羅できてるわけではありません。どうしても聴きたい曲があればYouTubeで聴けることもあるのですが、どうせならダウンロードして自分だけのプレイリストを持ちたいですよね。一曲づつダウンロードすると200円づつかかるのですが、取り放題で月額1000円程度です。

まあ、Anazonとくれば次はGoogleですよね。このあたりをおさえておけば間違いはないはずです。

 

雑誌180誌以上が読み放題 dマガジン

f:id:paooooon1:20170713013213p:image

これは月額400円で、雑誌が180誌以上読み放題のアプリです。TARZANやブルータスなどの人気雑誌が、定価で買うと一冊以下の料金で読み放題です。仕組みは意味が分からないのですが、これも本当にお気に入りのアプリです。雑誌の編集者の書く文章は、そのへんのWebライターが書くものとはやっぱりレベルが違います。と僕は感じています。良質なトレンドに触れたい人はやっぱり会員になっとくべきです。

 

本気で痩せるならAnytime Fitness

 f:id:paooooon1:20170713014210p:image

これはアプリではないのですが、僕がオススメする月額サービスです。好きな人にベストコンディションで告白するために昨年末に入会しました。24時間ずっと空いているため、帰宅時間がどうしても遅くなるサラリーマンの僕でも、続けることができ、目標の-10キロを見事達成することは決してなかったのですが、5キロほどの減量に成功しました。そして告白し付き合ったのが今の彼女です。いい話ですね。

月額8000円程度の費用で僕の家計を揺るがすものでしたが、僕の人生においてはミジンコのうんこより小さな金額だと思い込んで、支払いを続けました。

 

モバイルWi-fiならWiMAX

f:id:paooooon1:20170713015038p:image

このスマホ時代、YoutubeやAbemaTV などの動画サービスがこれだけ盛り上がっている時代にモバイルWi-fiはマストアイテムだと思っています。ぶっちゃけこれに関しては逆に教えてほしいぐらいなんですが、僕は毎月5000円程度通信料をお支払いしているのですが、これは高いのですか安いのですか。メインは仕事の外作業時とかに使っているため、これからも使い続ける予定なんですが、そろそろ買って2年が経つので、切り替えのタイミングがあればよりいいものに変えたいと思ってます。

 

スーパーデジラで通信量拡大

f:id:paooooon1:20170713022811j:image

僕のスマホ機種はauなのですが、スーパーデジラの存在を知らずに、しばらく毎月の通信制限に悩まされてました。基本設定のままだと月に使える通信料は5Gほどですので、月初に使い切り、1G1000円を都度購入するという作業を繰り返しています。なんともったいないことか。月に7回は購入していたため、7000円ほど支払ってたみたいです。

auにはスーパーデジラという契約があり、現在の基本使用料に追加で1000円払えば20Gを月で使うことが可能になります。

 

通常が5Gなので4倍です。なぜもっと早く知らなかったんだろうと後悔していますが、スマホをよく使う方はこれマストかと。ソフトバンクだとギガモンスターというのがあるみたいっすね。

 

手軽に新しい出会いをするならPairs

f:id:paooooon1:20170713022045p:image

これは昔でいうところの出会い系だが、SNSと連動した恋愛マッチングアプリで、TinderやOmiaiに並ぶ人気アプリの1つです。僕も一昨年の冬、クリスマスまでに彼女を作るために登録し、月額4000円ほどで利用していたのですが、楽しかったです。年齢や趣味、プロフィール文章から性格を読み取りつつ、結局は顔で全てを判断するのですが、スマホを横にスワイプするだけで、マッチング(両想い)という怪奇現象が普通に起こるため、そこらへんでナンパをするよりは効率的かと思います。意外と普通の人がたくさんやってます。それぐらいカジュアルに使える出会い系アプリです。

 

 

※これから課金しようとしている月額サービスもあるため、随時更新予定

 

おわり

 

新卒社会人メンズが港区に1人暮らしをして分かった10個のメリット

f:id:paooooon1:20170710202529j:plain

こんにちは。

 
社会人1年目の途中に一人暮らしを始めた僕は、
この夏で一人暮らし歴1年半ほどとなる。
 
まだまだビギナーだが経験したからこそ見える事もあり、
ここで一度、メリットとデメリットをまとめてみたいと思う。
 
僕は日本で一番家賃が高いと言われている、”港区の広尾”を初めての一人暮らし場所として選んだ。アホ丸出しである。
会社の最寄り駅である赤坂をはじめ、六本木ヒルズや恵比寿、渋谷などの遊び場へのアクセスもよく、新卒の初任給が25万ほどのなか、11万の家に住むことを決意した。大切なことなのでもう一度言うがアホ丸出しである。
 
そんな1年半の生活の中で、良かったこと悪かったことをたくさん経験した。
 
今日はその良かった点をまとめていこうと思う。

 
1.フットワークが絶妙に軽くなる

全ての場所にアクセスがいいため、マインドうんぬんの前にフットワークが軽くなる。外の世界は自分が知らないことばかり。家に閉じこもっていれば気付けないこと・経験できないことが当然あるが、物理的に距離が近いため、外に出やすくなる。


2.出会いが増える

1に通じるものがあるが、フットワークが軽いとそれだけ出会いの幅が増える。女子との出会いももちろんだが、ビジネスの出会いも時たまに生じる。これは地元と言われるエリアではそんな簡単には起こりえないことである。


3.食べログ3.5以上のお店に行きがちになる

恵比寿・代官山・赤坂・六本木…いわゆるグルメの集積地に住むことになるため、情報量も多く、美味しい店がたくさんインプットされる。界隈では、食べログ評価3.5以上は間違いないという迷信が信じ込まれており、いつしかそういった店に通うようになる。

 

4.大人の男になれる

20代半ばという年齡は精神的には学生と大人に狭間である。実家で親に面倒見てもらい続けるか、1人の男として自立するか。これは家事洗濯がどうこうという小さい話ではなく、その後の人生を左右するレベルで重要な問題である。実家だと自立できないという話では当然無いが、環境的には一人暮らしの方が”大人の男”に早い段階でなれる。

 

5.女子にモテる

男子の一人暮らし脳内メーカーで女子が占める割合は大きいと思う。「合コンで25歳実家暮らしと言うのはしんどい」「ナンパからの持ち帰りがスムーズ」。1人暮らし実行の背後には女子がいるのである。

 

6.料理ができる男になる

一人暮らしと料理は表裏一体である。実家では全く料理を作らなかった僕が楽しんで料理を作れるようになった。はじめは最高傑作を追い求めるあまり、外食より高い家庭料理をつくることも多かったが、最近はスピード節約飯も作れるようになってきた。

 

7.好みのインテリアを作れる

実家時代はインテリアという言葉はただの幻想にすぎなかった。言葉だけみると雑誌や映画のアメカジ調、モノトーン調、もしくはジブリのようなレトロの世界を想像するが、現実はそんなに甘くなく、親父のパンツは転がってるは、腹筋ワンダーコアは置いてあるは、とてもインテリアとは呼べない。これが1人暮らしだと自由で、全ての装飾が自分自身に委ねられる。汚くするもおしゃれにするも全部自由なのである。

 

8.自分の時間を自分でコントロールできる

1人の時間は思っている以上に大事である。横でテレビが付いていれば観てしまうし、誰かに話しかけられれば、当然会話をする。今はなんの時間なのか、大体で生きて周りにまかせて、自分の時間を他人に支配させる。1人暮らしは自分だけの時間を持ち、自分だけの感覚を覚えることができる。

 

9.鍋パができる

若干雑になってきたが、人を家に呼べることもメリットである。やっぱり人が集まると楽しいし、お祝い事や節目のタイミングに自由にゆっくり集まることができるのは嬉しいことである。

 

10.やりたいことが見つけられる

1人暮らしは正直金銭的にしんどい。余裕は全くといっていいほどない。だからこそ、自分の中で大切なことの優先順位が分かってくる。限られた生活のなかで選ぶからこそ、その価値が分かり、そのありがたみを知る。これは金銭的に余裕があってなんでも手に入ったときは、抱かなかった感情である。

 
 
以上である。
見る景色・食べるもの・出会う人・価値観…全てにおいて”東京の中心”を感じられるである。世界3大都市であり、グルメやファッション、トレンド全てが最先端の中で、なにを選ぶかどうかは自由だが、どれも知っておいて損はなく、経験値として男を磨ける。


だから1人暮らしはよいのだ。

おわり

 

食べ物に特化した写真アプリ"foodie"がだいぶ秀逸

f:id:paooooon1:20170702003522p:image

食べ物に特化した写真アプリ"foodie"。

本日、なんの気なしに餃子の写真をとっていたのですが、彼女にすすめられ試しに使用してみました。こういうのはBeforeAfterを見せた方が分かりやすいですね。

 

まずは素人の僕がiphoneの写真機能で撮った餃子

f:id:paooooon1:20170702003925j:image

次はfoodieで撮った餃子を

f:id:paooooon1:20170702004035j:image

これはもう歴然とした違いですよね。きっと写真アプリを使えばいかようにも加工はできると思うのですが、写真撮って加工してインスタに投稿するほどの情熱は持ち合わせてないので、ささっと美味そうなものを美味そうに撮るには抜群です。

 

f:id:paooooon1:20170702004308j:image 

f:id:paooooon1:20170702004416j:image

これは優秀です。

 

肉・スイーツなど食べ物のカテゴリとレストランの雰囲気やピクニックなどのシチュエーションによって、モードを設定できるので、応用も聞くかと思います。お試しあれ。

 

おわり

CASIOのアウトドア特化型スマートウォッチ「PRO TREK SMART」体験イベントに出席

f:id:paooooon1:20170629181409p:plain

先日、アウトドアアンバサダーとしてCASIOのスマートウォッチ”PRO TREK SMART"のモニターイベントに出席してまいりました。
出席者層は幅広く、男女問わずサラリーマンから本格派アウトドアーな方たちまで多くいらっしゃいました。
 
 f:id:paooooon1:20170629182128j:image
 
自己紹介のタイミングで普段のアウトドア体験は?と聞かれ、脳をフル回転。
 
平日の朝は折りたたみ自転車で爆走通勤し、休日はもっぱら公園でタコ糸にさきイカをつけてザリガニと遊んでいるため、「サイクリング」と「釣り」と回答するところでしたが、
 
本格派の皆様にツッコまれると危険なため、キャンプとランニングと可愛らしい回答をさせて頂いた次第であります。
 f:id:paooooon1:20170629182202j:image
 
アウトドアもどきな僕は若干気がひけましたが、イベントでは、カシオの開発担当者をはじめ、スタッフが丁寧に使い方を説明してくれたため、本商品について5割程度は理解できたかなと思ってます。
 
実際に時計をいじっていくなかで「こんな機能あったんだ」と発見もありますし、スマートウォッチは自分でカスタマイズをして、育てていくものなんだと実感してます。

f:id:paooooon1:20170629182606p:plain

 
このPRO TREK SMART”は、#ソトでアソベというPRメッセージのもと開発された商品であるため、素人でも、いやむしろ素人が外に遊びに出かけたくなるきっかけ作りをしてくれると素人の僕が感じました。
 
 
今日から使うのが楽しみです。
 
 
レビューは後日していきます。
 
おわり

小林麻央さん・海老蔵さんから皆勇気づけられた

本日、小林麻央さんの訃報が入りました。

 

 

彼女の病状は、メディアが数年間に渡って取り上げ続けていた動向ですし、
麻央さんのブログには何度も訪れていたため、訃報の知らせはただただ悲しいものでした。

 

 

ステージ4という末期がんを患いながら、気持ちを前に持ち続けた小林麻央さんは本当に立派な人だと思っています。
彼女は自らの辛い病気をネタにできる強さを持っていて、ブログを通して、治療経過を発信し続けました。
抗がん剤の副作用で髪が抜け落ちた時でさえ、金髪のかつらを被り、その写真をブログに投稿しました。

 

https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12196047153.html


彼女に生き様に、どれだけの人が勇気を与えられたでしょうか。


ニュースを見る度に、「もっと毎日大切に生きよう」と当たり前のことを強く意識させられました。

亡くなられた事実は悲しいことですが、多くの方の記憶に残り続けることと思います。

 

 

妻の深刻な状況下で妻の看病と子育て、そして仕事を両立していた海老蔵さんの会見もまた、鳥肌が立つものでした。

 

 

別れた寂しさはもちろんですが、応援していたファンへの感謝、そしてこれからの覚悟が凝縮されたとてもかっこいい会見だったと思います。

 

 

心よりご冥福をお祈りし、海老蔵さん、そしてお子さん達の未来が明るくあることを信じています。

 

最後に、小林麻央さんが生前に記した素晴らしい文章をお借りし、掲載させて頂きます。

 

f:id:paooooon1:20170623212318p:image

 

おわり