Goodbye Sunday

~25歳社畜サラリーマンが、愉快に楽しく生きるためのブログ~
MENU

66キロまでの道 2週目(先週比-2.3kg)

こんばんは。

 

Goodbye Sundayです。

このプロジェクトは、体重80.3キロまで膨れた太っちょが、7月1日までに66キロを目指すためのものです。

 

痩せたい

 

でも食べたい

 

 

その狭間で揺れ動くでぶの葛藤を週1回管理し、ドラマチックに展開してまいります。

 

先週末は福岡での爆食いにおける後遺症で、過去最重量となる80.3キロを記録いたしました。

 

その後、夕飯に米を食べないルールだけ守り、本日体重を測ると78キロになってました。

 f:id:paooooon1:20180219224820j:image

 

地味にマイナス2.3キロ。スタートダッシュとしては抜群です。

 

寒いので、ジムには一度も行っておりません。

 

今週はジムに二回行くのと、お酒の回数を二回以下にします。

 

頑張るゾ。

 

 

セブンにチーズダッカルビマンが登場

こんばんは。

 

Goodbye sundayです。

 1年ほど前にセブンイレブンのすべての商品を食べて以来、上級者として変わり映えのしない商品陳列棚を眺めておりましたら、真新しいものを発見。

 

チーズダッカルビマン

 

 f:id:paooooon1:20180215222310j:image

 

そう、昨年上陸した韓国のソウルフード"チーズダッカルビ"をマンにした一品だ。

味もさることながら、インスタ映えフードとして注目を集めたそのフードをマンにしたセブンの心意気には感服である。

 

実食

f:id:paooooon1:20180215222041j:image

 

パカーン

f:id:paooooon1:20180215222102j:image

 

全然インスタ映えしない#インスタ萎え

 

味はピザまんに酷似している。

ただのピザマンのネーミングを変えることで、購買意欲をかきたてたセブンには感服である。

 

ご賞味あれ。

 

 

66キロまでの道 1週目(2017年2月13日)

こんばんは。

 

Goodbye Sundayです。

このプロジェクトは、現在体重80.3キロの太っちょが、7月の1日までに66キロを目指すためのものです。

 

痩せたい

 

でも食べたい

 

 

その狭間で揺れ動くでぶの葛藤を週1回管理し、ドラマチックに展開してまいります。

 

 

福岡で食べすぎて、体重は遂に大台の80キロ。

 

昨年の同時期に痩せて以来、見事なリバウンド曲線を描き、入社時の63キロ体重は17キロ増。完全にあかん領域に到達しました。

 

 f:id:paooooon1:20180213234224j:image

 

いよいよ健康に支障が出てくるフェーズなので、さすがの太っちょも1カ月ぶりにダイエットを意識し始めています。

 

とりあえず今日の夕飯はぬいてみます。

 

 

終わり

 

 

福岡グルメ旅(2泊)で3キロ太った僕が食べた全7食をおさらい

f:id:paooooon1:20180212204016j:image

こんばんは。

Goodbye Sundayです。

 

三連休を利用して、彼女と福岡旅に行ってまいりました。食べて遊んでまた食べる。福岡はやっぱり最高ですね。2日で3キロ増量し、80キロの大台突入・・・!

 

美味いもんがありすぎて選ぶのが辛かったです。今日は僕が食べた全8食をコメント付きでご紹介。

 

 

 

1食目 暖暮のとんこつラーメン 食べログ3.40

f:id:paooooon1:20180212205217j:image

福岡に行くと、とんこつラーメンありすぎて選べねえ現象が起きるのと、一蘭多すぎインバウンド強めえ現象が起きるのですが、ここに行っとけばまあ間違いないです。九州なんちゃらラーメン賞でグランプリも受賞してるので安心。

チェーンなので、特別感はないですが、うまいです。

▶︎食べログ

 

2食目 田中田 食べログ3.73

f:id:paooooon1:20180212205628j:image

この田中田は色んな雑誌で紹介されている博多の名店。東京の西麻布にあるお店の本店です。反対から読んでもTANAKADA。

自らを高級居酒屋と謳っており、コスパが重視される飲食業界で独自の経営を貫いている。

f:id:paooooon1:20180212205900j:image

コースターには高額居酒屋と記載されており、料理のメニューには値段が記載されていない。聞いてねえ。こえええ。だけどせっかくの旅行だし豪快にいくぜい。

馬刺し

f:id:paooooon1:20180212210204j:image

フグの白子

f:id:paooooon1:20180212210218j:image

牛タン

f:id:paooooon1:20180212210248j:image

白レバー

f:id:paooooon1:20180212210514j:image

マグロ納豆

f:id:paooooon1:20180212210450j:image

贅沢丼

f:id:paooooon1:20180212210612j:image

うまいいうますぎる。

気になるお会計は、お酒も1杯づつ飲んで、2人で29800円。滞在時間は1時間弱である。

美味しいよ?

美味しいけど、シンプルにたけえ!

そして値段を書いてくれえ

▶︎食べログ

 

3食目 屋台ぴょんきち 食べログ3.08

f:id:paooooon1:20180212210954j:image

ここは韓国人の兄ちゃん達が、物凄いスピードと漢気でお店をぶんぶん回転させてるので、見てて楽しい。味も美味しいのでかなりオススメ。僕は福岡に行くたびに遊びに行ってます。日本語は皆ペラペラ。かなり行列ができてるので、お酒を飲まなかったり、ラーメンだけという利用には適してないので要注意。

グレープフルーツサワーと一口餃子が売り

f:id:paooooon1:20180212221815p:plain

f:id:paooooon1:20180212221831p:plain

 ▶︎食べログ

 

4食目 ウエストのごぼう天うどん チェーン店

f:id:paooooon1:20180212212411j:image

これは福岡に行ったら必ず食べてほしい。東京ではコシのある引き締まったうどんが好まれてますが、福岡のうどんは基本ぐにょぐにょでもちもち。出汁もかなり美味しい。必ずセットでかしわ飯も頼むこと。

f:id:paooooon1:20180212212544j:image

これを頬張る。出汁をのむ。すする。の無限ループは至極なひと時。

 

5食目 糸島の寿司ダイニング 空

f:id:paooooon1:20180212212944j:image

 

 ここの魅力はこのオーシャンビュー

f:id:paooooon1:20180212221940p:plain

 ごはんも美味しいです。夜はちょっと高いので、ランチがおすすめです。

糸島名物のかき

 f:id:paooooon1:20180212222511j:image

お寿司

 f:id:paooooon1:20180212222549j:image 

f:id:paooooon1:20180212222631j:image

f:id:paooooon1:20180212222657j:image

全部美味しゅう。

▶︎食べログ

6食目 楽天地本店 食べログ3.58

 f:id:paooooon1:20180212223404j:image

 福岡といえば、もつ鍋。

うまいのは百も承知ですが、老舗に行きたく選んだのが楽天地本店。年期の入った座敷のスペースに香るにんにくの香り。雰囲気よし酒がすすむすすむ。楽天地も割とチェーン展開しているお店ですが、本店がおすすめ。

▶︎食べログ

 

▼関連記事

www.goodbye-sunday.com

 

7食目 ミツバチ リバーサイドダイニング 食べログ3.44

 f:id:paooooon1:20180212224034j:image

ここは中洲の川沿いにあるリバーサイドバー。

ポールダンスショーやテキーラボーイがいて超楽しかったです。クラブのような、レストランのようなバー。お酒も一杯500円程度で良心的です。

ロケーションは抜群。

f:id:paooooon1:20180212224314p:plain

次来たときは必ずリピートします。

▶︎食べログ

 

次回、必ず行きたい予約のとりづらい店

これは、今回行きたかったけど、予約が一杯だった名店。次回行く時用にメモ。

水炊き 橙 食べログ3.80

f:id:paooooon1:20180212224554p:plain

▶︎食べログ

水炊き 長野 食べログ3.61

f:id:paooooon1:20180212224813p:plain

▶︎食べログ

 

 馳走や 直 3.70

f:id:paooooon1:20180212225106p:plain

▶︎食べログ

 

あー最高だった。

ダイエット頑張ります。

 

おわり。

数字で振り返るブログ運営報告(2018年1月)

こんばんは。

 

年内に月間PV1万を目指しているGoodbye Sundayです。

普段はサラリーマンとして社畜な毎日を送っています照

 

誰が見てるんだ問題はさておき、

しっかりと読まれるブログにするために、

数字で自分のブログを理解することも大事ですよね。

 

 

 ブログ運営

 執筆数

f:id:paooooon1:20180206230911j:plain

1月は10記事書きました。

一番スターを頂いたのは、この雑魚ブログが意外にもブロガー界で上位30パーセントに入っていたというエントリーです。継続は力なり。いろんな工夫をして、打席に立って、バットを振り続けることが重要なんだと再確認しております。

来月は15記事書く事を決めてます。

 

www.goodbye-sunday.com

 

PV

f:id:paooooon1:20180206232900j:plain

月に1200回表示ってしょぼいようで、すごいと思っています。僕の中高は1000人以上いたので、その全員に見られていると思うと膨大な数字です。この数字は来月には、3000ほどに伸ばしたいですね。

 

 

 

収益

Amazon仕入れ額

f:id:paooooon1:20180206231645j:plain

今月のブログで紹介した、Amazon無料仕入れですが、さぼりすぎました。

一番良かった商品は、このゴーグル。スノボに行ったので、重宝しました。

f:id:paooooon1:20180206232118p:plain

無料で仕入れる

 

アドセンス収益

f:id:paooooon1:20180206232554j:plain

足りねえ。圧倒的に足りねえ。年内には2万円までに伸ばします。来月はうまい棒2本分でOK。

 

 

 

地味にCoincheckで503NEM持ってた話

こんばんは。

 

Goodbye Sundayです。

 

世の中は仮想通貨トピックで騒がしいですが、

僕も遅ればせながら1ヶ月ぐらい前に仮想通貨に手を出して、

10万円分のリップルと、10万円分のネム保有しておりました。

僕が買った次の日からあれよあれよと下落して、今は20万円が9万5000円ぐらいに縮小しました照

f:id:paooooon1:20180129001236j:image

 

かつ、コインチェックで580億円分のネムが流出したので、僕も思いっきりその被害者の一人になったわけであります照

 

topics.smt.docomo.ne.jp

 

2018年、我ながら派手なスタートダッシュを切りました。

 

気になるその補償内容ですが、今日coincheckから以下のようなメールが届いておりました。

 

不正に送金された仮想通貨NEM保有者に対する補償方針について 

インチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEM保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。
 
1月26日に不正送金されたNEMの補償について

http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html
 
総額       : 5億2300万XEM
保有者数   : 約26万人
補償方法   : NEM保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法   : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。

 

88円だと、、

吹っ飛んだと思っていたので、少しでも返ってくるのは嬉しいけど、

僕の仮想通貨の塩漬け大作戦が早くも失敗に終わりました。

150円ぐらいで買ってたので、強制的に現金化されるとなると結構損することになりますね。

 

ただ、割とお気の毒だったりするので、coincheckの皆さん頑張ってください笑

 

 

【書評】”5年後、メディアは稼げるか”を5年後の今読んでみた

こんばんは。

 

Goodbye Sundayです。

 

いいペースで本を読み進めており、非常に楽しい毎日です。大雪で電車の移動がしんどかったですが、おかげで本が一冊読めました。

 

 

5年後、メディアは稼げるか? (2013年)
当時東洋経済オンライン編集長 佐々木紀彦

f:id:paooooon1:20180122225319j:image

 ▶AMAZONで買う

 

この本は2013年に書かれたもので、現在のNewsPicks編集長が執筆していたものです。

 

タイトルの”5年後”がちょうど今年で面白そうだったので、手に取りました。今のNews Picksの好調ぶり、マネタイズの手法をのぞくと、この本がいかに示唆に富むものがは説明しなくても分かるかと思います。

 

 

物事の考え方や本質の捉え方など、本当に勉強になり、久々の読書でしたがスイスイ読むことできました。

 

 

①デジタルの世界では、読者は各媒体をつまみ食いする

雑誌や新聞のように媒体まるごと読むという習慣が薄れ、読者は各媒体をつまみ食いするしながらニュースを消化するようになります。そこで、ニュースを選ぶ基準となるのは、「どの媒体か」よりも「誰が書いたか」「どんなテーマか」です。 

 まさに今のNews Picksはこれを体現しています。ホリエモンのような前衛的な著名人が拾う記事を、ビジネスの前線に立っている方たちがコメントをつけて、議論する。
一般人からすれば、無数に溢れるニュースよりも、その記事およびコメントを読んでおけば無敵!のような気分になりますよね。

これはグノシーやスマニューのようなアルゴリズムが拾ってくるニュースとは訳が違います。誰が選んで、誰がどんなコメントをしているかが重要なんです。

 

②これからの時代は企業もコンテンツの作り手になる

自社や自社製品のいいところばかりを強調する従来型の広告では、消費者の心をつかむのが難しくなってきています。そうした背景もあり、自社と直接関係のないテーマも含めて、コンテンツという形で情報発信を行う企業は増えてくるでしょう。 

ブランドコンテンツともいうべきものでしょうか。
例えば、ミシュランというタイヤの会社がありますが、ミシュランは本業を直接的にPRしたわけではなく、レストランにミシュランのお墨付き(★)を与えるミシュランガイドで、結果的に企業認知を獲得する結果となりました。コンテンツの価値が広告につながってくると既に読み切っていました。

実際News Picksが展開する広告コンテンツは、ストーリー仕立てになっており、読み物として面白いものが多いです。まじすごい。

 

③WEBメディアでは、タイトルが10倍重要

Webメディアでは、タイトルこそが何を差し置いても重要。

タイトルを見て、「面白い、読みたい」と思ってもらえなければ、チラ読みすらしてもらえません。 

 なるほどなあ。当たり前といえば当たり前ですが、これを強烈に意識してる編集者となあなあにやってる編集者とでは、差が出るのは当然ですね。これはブログ運営でも同じことが言えますよね。

 

④オープンすぎるのは、リスクでもある

人々はオープンすぎるものには、プレミアム感を抱きません。誰でも入れる大学や企業、レストランではなく、選ばれた人だけが参入を許される場所に権威性やブランドを感じるものです。 

 これは、メディアのマネタイズの話ですが、オープンとクローズドのそれぞれのメリットを開示してくれています。今のNews Picksは、月額1500円という高価格で会員を獲得し、ハイエンドなビジネスマン向けのコンテンツを展開しています。実際に形にしててまじですごい。

 

⑤広告以外の有料化のヒントはネット企業にあり

ニコニコ動画クックパッドのプレミアム会員モデルなど、ネット企業の成功例からWebメディアは貪欲に学ばなければなりません。ネットメディアができるのは思いつきレベルでもたくさんあります。

「広告表示もページ分割もない、特別なレイアウトを提供する」

「無料のイベントに会員を優先招待する」

「好きな筆者に質問を送ることができる」

「自分の興味にあったパーソラナイズ機能を追加する」

「世界中の企業を網羅した、企業検索サービスを使える」

などなど、考えうるオプションを総動員し、コンテンツを組み合わせて有料会員を募る。 

 メディア収入のなると「アドセンス」「アフィリエイト」「ディスプレイ」「ネットワーク」広告等様々ありますが、そこにとらわれていれば、従来のメディアとあまり変わり映えしません。マネタイズする手法はその空間をどうブランディングするかで広がってくる部分なので、もっとでっかく考えていい部分なんだと気付きました。

 

⑥人間を介さないシステムだけで、読者が満足する日は永遠にこない

ハフィントン・ポストでも、トップ記事を決めるのはあくまで人間。

情報が溢れるなかで、編集者の必要性はこれからむしろ増す。 

 かっこいい。かっこよすぎる。本当にそう思う。

 

⑦文章術を学ぶには『文章読本

ここ数年、天声人語を書き写すノートが売れているそうですが、私にはそれが魅力的な文章習得法とは思えません。文章術を学ぶには、谷崎潤一郎の『文章読本』がいちばんです。 

 

f:id:paooooon1:20180122235541p:plain

AMAZONで買う

なかなか年期入ってそうですが、読む。全然読む。

 

⑧マネタイズは二の次

私は、Webメディアの担当になった当初、収益は度外視してとにかく読者を増やす作戦に出ました。その方向性は正しいと思っていますし、今後も変えるつもりはありません。ネット企業を見ても、まずはユーザーの増加に全力投球し、マネタイズを二の次にするのが王道です。焦って金儲けに走るネットサービスは、ユーザーにそっぽ向かれてしまいます。

そもそも、メディアにとって、利益は最終目標ではなく、あくまでよいコンテンツを創るための手段です。

個人的には、「10億円の利益があって10万にしか読まれないメディア」より「1億円の利益でも100万人に読まれるメディア」のほうがいいとさえ思っています。

 かっけえ。

 

あー面白かった。

 

おわり