Goodbye Sunday

~東京近郊で週末ソトアソビ~
MENU

【映画レビュー】”ラ・ラ・ランド”より”ラブ・アゲイン” レビューサイトRotten Tomatoesでも78%という好評価!

ダイエットブログとして始まったこのブログは今、ラブリーな恋愛コメディの映画レビューをしようとしている。

 

多少の罪悪感はありつつも、素直にいいと思ったものを文字に残す癖をまずはつけようと思う。放って置いてもしょうがないし、書き続けなければ意味がない。

 

 

ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド に対する画像結果

 

 

この2ヶ月話題の映画をようやく観た。
ミュージカル調にスピーディーに展開されていくのでワクワクするし、
恋愛の酸いも甘いも感じられる楽しい映画でございました。

 

来たる4月25日には、この映画がロサンゼルスに多大なる貢献を果たしたとして、ラ・ラ・ランドの日が制定されるそう。

mdpr.jp


オスカー賞やらなんやらも受賞しているそうで、今ラ・ラ・ランドがノリに乗ってることは間違いない事実だが、この映画はピチピチのギャルから30代の女性ぐらいに観て頂き感想をもらいたい映画であり、腹のでたおっさんが批評するのはNGであることを確信している。

 

エンディングちょー良かったぁまぢリピート確実★なんてことは口が裂けても言えないのである。

 

そこで今日はラ・ラ・ランドのレビューをすると見せかけて、別の映画をオススメしたいと思う。実はラ・ラ・ランドの主演の2人は2011年にラブ・アゲイン”という映画で共演をしている。ライアン・ゴズリングが必要以上にかっこよかったため、ついでに観たまでだが、個人的にはラ・ラ・ランドより圧倒的にラブ・アゲイン派である。青春を忘れた中年サラリーマンや平成に蔓延る草食男子達に是非観て頂きたい。

ライアン・ゴズリング ラブ・アゲイン に対する画像結果

 

シンプルに言うと、主人公生真面目なおっさんが、いきなり妻に離婚を切り出され、その後色んな寄り道をしながら復縁を迫っていくストーリーである。
復縁という意味でタイトルがラブ・アゲインだが、サイドストーリーで同時に4つの恋愛模様が繰り広げられているため、原題は”crazy,stupid,Love"。
熟年夫婦、プレイボーイが目覚めた恋、年上へ憧れる高校生、少年の淡い一途な恋など人間味溢れる痛快なラブ・コメディーです。

 あらすじはプロのまとめを観ていただきたいためURLを貼っておきます。

ciatr.jp

 

僕は僕が思う見どころを紹介したい

 

 

 情熱を貫く童貞少年”ロビーウィーバー”に注目

主人公”キャル”の息子、”ロビーウィーバー”は、中学生。オナニーに明け暮れる毎日。
家にベビーシッターで来ている17歳の高校生に本気の恋をしている。

 

ロビーはその女の子を魂の伴侶の存在を信じ、
まっすぐに気持ちを伝え続けるのですが、
その姿は情熱的とストーカーの紙一重に挑戦し、なんの迷いもなくストーカーに飛び込む、滑稽なものでした。
ただ傷つくことを恐れないその”前のめり”な姿勢は、男としてお手本にしたいかっこよさで、僕はこの少年に人生で大切なものを教えてもらったような気がしてます。

f:id:paooooon1:20170424192716p:plain

ありがとうロビーウィーバー

ラブ・アゲイン (字幕版)

新品価格
¥300から
(2017/4/25 10:43時点)

 

おわり