Goodbye Sunday

~人生に野遊びを~
MENU

フォロワーを買った僕が想うインフルエンサーマーケティングという手法

スマホ instagram に対する画像結果
 
先日、面白いエントリーがあがっていたので、思うことをつらつら。
 
子供のなりたい職業にYoutuberがランクインして早うん年
Instagram,Twitterをはじめとするあらゆるプラットフォームでは、インフルエンサーと呼ばれる、影響力を持つアカウントを持つ方たちが増えてきました。
彼らはフォロワーと呼ばれる、熱狂的なファン(アンチ含)を抱えSNS上で一投稿一投足がフォロワー達に届けられる仕組みが出来上がっています。
 
いわばライトな芸能人と言ったところで、マーケティング代理店は彼らをネットワークし、企業に対して認知販促強化をする営業メニューとして販売をするようになりました。
 
Instagram拡散の仕組み

f:id:paooooon1:20170518194252j:plain

 
 
おそらくこんな具合でインフルエンサーキャスティングのマーケットは拡大しているのですが、どこもやっていることは大きく変わらないはず。
ただ、参入しやすい事業領域で、ふざけた会社が混じっていることも事実であると思うわけです。
なので、今日はフォロワーが3700人なのに、PVが1日10程度の僕が、
インフルエンサー起用において注意しておかなければならないことを書いていきたいと思います。
 

インチキインフルエンサーを見抜け
アカウントの信頼はフォロワー数ではなく、インプレッション数で測る

言わずもがな、数字は企業や人を信頼する指標になります。
PV100万と言われているブログは読みたくなりますし、
視聴率の高い番組は実際面白かったりします。
 
SNSに於いても同様で、2つの数字の評価軸があります。
一つはフォロワー数。これは購入して増やすことができます。違法ではありませんが、購入できます。事実、僕も自分で情報発信をすると決めてから、イチからアカウントを育てるのが面倒くさく、3000人ほど購入しました。突然の告白で会場がどよめいてますが、違法でもありませんし、興味本位で購入してみました。
購入してからはまたたく間にフォロワーが増え、晴れて僕は3000人のフォロワーを持つインフルエンサーになったわけです。
ただこの3000人は非アクティブで架空のアカウントである場合が多く、ただの本当にただのファッションにすぎません。インフルエンサーとしてお金を稼ぎたい女の子も増えてきているため、フォロワー数のみで影響度を推し量るのは少し危険な行為といえるかもしれません。
 
もう一つはインプレッション数。
インプレッション数とは、一般的には広告が表示された回数を指しますが、SNSにおける投稿の場合、インフルエンサーの投稿に対してのフォロワーからのリアクション数を指します。イイネやコメント、リツイート数などを意味します。これらの反応が実際に届いた方の数字であるとなると、なかなかシビアな評価になりますが、投稿に対する平均的なインプレッション数を、実際のフォロワー数と照らし合わせると、インチキインフルエンサーを見抜け、本当に伝えたいターゲットに情報を届けることが可能になります。
 
 

Instagramは間違いなく販促強化のツールになる(なっている)

今は消費者が非常に賢くなっているので、広告=ノイズと捉える方も少なくありません。

だって女子だもんさんのブログには、「インフルエンサー拡散は認知であり販促ではない」というお話がありましたが、僕はインスタグラムは、十分販促につながる可能性を秘めたツールだと思っています。

 

 このうんこ型アイスクリームはどこで食えるんだ。

f:id:paooooon1:20170518195522p:plain

https://www.instagram.com/p/BTyNFCyDDgP/?taken-by=mitm_tokyo

 

この壁でシャレオツな写真とりてえ

f:id:paooooon1:20170518200109p:plain

https://www.instagram.com/p/BUOUCboAtFi/?tagged=壁

 

こんな感じです。

最近は、心を揺さぶり消費行動のきっかけになるような広告はそれほど多くない気がしていますが、視覚的に一瞬で分かりやすく訴える写真に消費者は反応するんじゃないでしょうか。
 
日本人は特に、背後にお金のニオイがするものを良しとしない傾向が強く、
広告色の強いものには嫌悪感を示します。
ですがインスタグラムは例外で、PR表記があろうがなかろうが、画像が魅力的であれば、フォロワーは熱狂すると思うのです。
 
 
お わ り