Goodbye Sunday

~東京近郊で週末ソトアソビ~
MENU

ブログで100記事を書き終えた僕が伝えたい「アフィリエイトでまだ消耗してるの?」

アフィリエイトアドセンスは想像以上に厳しい世界。早めに気付いて稼ぎ方を切り替えよう。

 
f:id:paooooon1:20170811165337j:image
 
ブロガーの皆さん、覚悟がない限りアフィリエイトで稼ぐのはもう諦めたほうがいい。
 
いつかはうん十万PVに到達するから。
月にうん十万は稼げるようになるだろう。
今、ブログを始める方の多くはそんな野望を抱いているかもしれないが、率直に申し上げてかなり厳しいと思う。
 
それは僕自身、この数ヶ月間あらゆる記事を書いて厳しさを痛感しているところである。PV数は徐々にあがっていくが、それだけではお金は稼げない。広告の配置場所やサイトデザイン、コンバージョンに結びつく文章の構成など、様々な要素を含んでおり、サラリーマンが片手間で稼げるようになるほど、ブログは甘くない。というのが率直な感想である。
 
もちろん圧倒的な知識量や文才を持っていて成果も挙げている方はいるが、基本的にど素人のアフィリエイトは大根役者がすぎるため、見ている方も書いている方も恥ずかしく、誰のためにもならない。
 
 
しかし、ブログで稼ぐ手段は決してアフィリエイトだけではなく、そのサイトに集まる人がいる限り、それはお金に変えられるポテンシャルになる。稼いでいる多くの方はアフィリエイトは手段の一つと考えており、その他に広告記事の執筆や講師の依頼、経験に基づくコンサルティングなどで稼いでいる。とにかく、まずはこのGoodbye Sundayが、多くの人が遊びにくるプラットフォームにならなければ話は始まらないのである。
 
僕は100記事を超えたら、本格的にこのブログにマネタイズをしていきたいと思っていた。だけど本当の意味でのマネタイズとはマネタイズをしないことなんじゃないかと今は思っている。
 
深そうで浅いことを言ってることをどうか許してもらいたい。
 
広告があろうがなかろうが、コンテンツが面白ければ人は見に来ると思うが、アフィリエイトの背景にある”稼ぎたい欲"、つまりマネタイズ主義はコンテンツを作る際邪魔になると思う。退屈なコンテンツに人は集まらない。
誰かのためになるコンテンツ制作に集中することが、一番のマネタイズの近道なのである。なので、僕は今後は以下のことを徹底していきたいと思っている。
 
 

記事の質をあげていく

今日までの100記事は"継続"をテーマに取り組んできた。書くテーマが思いつかないときも、頭をひねり1000字以上の情報発信をすることだけを意識していた。タイトルでひき、中身が空っぽの記事もたくさんあったと思う。だけどそのおかげで、書くことがあるていど習慣になった。誰の力も借りずに、1000文字×100記事=10万字を、社会に発信していった。この経験は大きく、確実に情報発信者としての一歩を踏みだしたと思っている。
なので、次のステップは明確である。より質の高い、内容の濃いものを発信していくことである。なにを持って良質な記事になるのか。基準は分からないので、とりあえず2000字以上の文字と言葉選びを徹底していく。
 
 

特化させていく

このブログは元々フィットネスブログとしてスタートしたが、今はただの雑記ブログと化している。当初は、筋肉飯コンテンツなどが小さくバズり、徐々に読者が増えていったが、今はめっきり読者は増えないし、スターもつかなくなった。雑記ブログというと聞こえはいいが、本当は迷いの森に入った迷走ブログである。
なんの特徴もない平凡サラリーマンが、この膨大なブログマーケット市場で価値を発揮するには、雑記ではなくもっとニッチなところであるはずである。でぶが上から目線で筋肉論について熱く語るぐらいの特徴をもたせていきたい。
 

情熱を込める

精神論おつwwwかもしれないが、パッションに勝るものはないと思っている。情熱は人の心を揺さぶるし、情熱が込められた行動が夢を叶える唯一の手段である。

 

おわり