Goodbye Sunday

~東京近郊で週末ソトアソビ~
MENU

週末になぜか仕事のモチベーションがあがる3つの瞬間

こんばんは。
 
Goodbye Sundayです。
もうこれは毎週のことなんですが、
日曜日の夜、いや昼、いや起きた瞬間から、心のどこかで明日から月曜日だファッキンクレイジーオーマイガ!という気持ちがありますよね。
 
学生時代、週末を楽しみにする社会人なんてくそほどイケてないと思ってましたが、やっぱり休みは最高なんです。働くことはしんどいんです。しんどくないと仕事じゃない。そう言い聞かせて、またそそくさと出社する。そんなサラリーマンはきっと多いはずです。
 
 
ただしんどい時も自分でコントロールすることが重要で、
どうモチベーションをあげていくかもその人の能力なんです。
仕事辛い系の悩みは人に相談するものではなく、
自分の中で気付く以外にモチベーションをあげる方法はないっすよね。
 
僕は割と仕事に対するモチベーションに波があって、
基本は年450回辞めたいと思っているのですが、一時的に急激にテンションがあがる瞬間があるんです。
その瞬間はいつも共通していて、頭の中が”無”になっている時です。
 
急にスピリチュアル強めキモチワルというのが素直な感想なんですが、思い返すと意識的にそういう瞬間を作っていくことも重要なんじゃなかろうか。そう思うわけです。
 
 

ランニングをしている時

f:id:paooooon1:20170821165412j:plain

週末になるとダイエットのためランニングをしていたりするんですが、
ランニングをしている時はやたらやる気になります。
オレ腹筋割れてるんじゃねえかばりの思考になって、なにに対してもポジティブになります。
走っても走っても辿り着かない大地のでっかさに触れて、己のちっぽけさを知ります。少し横柄でひねくれてきたその思考を素直で謙虚なものに戻してくれます。
それでも前に走りつづけるといつか辿り着くんだという自信まで与えてくれます。なにも考えずに走りつづける”行動量”と”ひたむきさ”は入社当時の気持ちを思い出させてくれます。人生はマラソンだ。走るのやめた人だけが脱落し、進み続ける人がどんどん遠くにいってしまう。これは意外と本当なので、日常に取り入れてみるとぐうです。偉そうなことを書いてますが僕の腹は出ている。悔しい。
 
 

サウナ⇔冷水を繰り返している時

f:id:paooooon1:20170821165430j:plain

休日は宮前平の湯けむりの庄に言って、一週間で溜まった老廃物をデトックスします。
サウナ12分→冷水2分 これを3回繰り返すと、たいていの人はズルムケ赤ん坊のようなマインドになります。
仕事に感謝、クライアントに感謝、母ちゃん親父に感謝、自分の中にいるブッダ、いやキリスト、アッラーが芽生えてきます。
マイナスな感情を無にし、新しい自分になる意味でこのズルムケプログラムはおすすめです。
初めての方は心臓に負担がかかるリスクがあるので、自分の健康面と調整しながらやってみてください。
 

 

本を読んでいる時

f:id:paooooon1:20170821165448j:plain

普通ですね。
僕は割と自己啓発本が好きで「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ」調のうんこくさいセリフがシンプルに刺さるタイプです。
色んな選択肢があること、その中で今の自分がこの仕事を選んでいる意味を考えさせてくれます。
一冊を読むことで他人の人生を経験できるので没頭できますし、自分の立ち位置を知ることができます。
僕は読むのが遅いので、月1冊程度しか読まないのですが、少しづつ増やしていきたいと思います。
 
 
他にもそんな”無”になるシーンはたくさんあると思うので、各々自分にあったモチベーション法を見出して、
来たる月曜日を堂々と迎えて行きましょう。